2016年02月25日

小学ポピーご利用者の声 vol.14

ポピー札幌東支部 支部長の鈴木章一です。
今日は実際にポピーをされている当支部の会員さん
札幌市豊平区在住小学校2年生のY.Kさんより頂いた体験談を紹介致します。
(原文のまま掲載します。)


わたしは、ポピーをやっていてすこし、べんきょうが、わかるようになりました。
なぜかと言うと、学校のテストがある時、ポピーのテストと同じだったので、
百点とれてよかったです。
 ぴかり!!も大好きです。それは、それいけ!はっけんたいとか
まるかげのマンガが好きです。
このまえ、絵をおくったら、ぴかりにのったので、
とってもうれしかったです。
 前は、ポピーをさぼっていたけど、今は、
毎日やりきりドリルをやっています。
これからもいっぱいやっていきたいです。


北海道・札幌での
幼児・小学・中学向け 家庭学習教材 月刊ポピーをお届けします。
【ポピー札幌東支部】http://popy-sapporo.jp/
WEBサイトから、資料請求・有料体験・入会お申し込みが可能です。
〒003-0876 札幌市白石区米里五条1丁目6-5
フリーダイヤル(北海道地区のみ):0120-772-115
posted by ポピーさっぽろひがし at 16:02| Comment(0) | ご利用者の声

2016年02月15日

教育モニターさんの声 vol.8

ポピー札幌東支部 支部長の鈴木章一です。
今日は当支部で働く教育モニターさん
那須さんより頂いた体験談を紹介致します。
生まれも育ちも東京の私。
道を歩けば隣近所は知り合いだらけ・・・
剣道を教えていたこともあり「先生!こんにちは!!」
とあちこちで声を掛けられる毎日でした。
「北の大地」にあこがれ移住して早、十数年。
結婚したばかりの頃は、知り合いも友達もいない日々を過ごしていました。
 
 こんな私がポピーのお陰で、札幌でも幅広い年齢層お子さん・お母さん方と
知り合うことが出来ました。道を歩いていると
「ポピーのなすさぁーん!!」と元気に手を振ってくれるAちゃん。
入会した頃は、お母さんの背中に隠れていたのに、今ではピンポンすると
「ポピー待っていたよ♪」と笑顔で私を迎えてくれるBちゃん。
「暑い中お疲れ様」と冷たい麦茶を出して下さったり、
「実家から送ってきたの」とみかんや野菜を下さるお母さんもいます。
 勉強の事だけでなく、色々な悩みを相談される方もいます。
そんな時はお話を聞いて、一緒に考えたり、私の経験をお話ししたり、
ちょっとしたアドバイスをすると帰る頃には笑顔で
「那須さんに会うと元気が出るわ!!」な・ん・て言って下さいますが、
私の方がいつもみなさんに元気を沢山頂いています。
 お届けするのはポピーの教材だけでなく、身近な教育・地域の情報、
時には美味しいランチのお店・安いスーパーの情報まで・・・
毎月楽しくお話をして、笑顔もお届け出来る様に心掛けています。
 私は幼い頃から、人と会う事も人と話す事も大好きなので、
主人からは「ポピーの仕事は天職だね!」と言われます。
モニター会・研修会で子供の為に教育の勉強が出来、ちょっと贅沢なランチをしながら、
違う学校・幼稚園の方と情報交換をしたり、悩みを相談したり・・・
こんなに楽しく仕事をさせて頂いて幸せです。
私は本当に人に恵まれています。
支部の方々をはじめ、リーダー仲間・グループのみなさん、沢山の会員さん達・・・
素敵な出会い・沢山の笑顔に感謝です。




北海道・札幌での
幼児・小学・中学向け 家庭学習教材 月刊ポピーをお届けします。
【ポピー札幌東支部】http://popy-sapporo.jp/
WEBサイトから、資料請求・有料体験・入会お申し込みが可能です。
〒003-0876 札幌市白石区米里五条1丁目6-5
フリーダイヤル(北海道地区のみ):0120-772-115
posted by ポピーさっぽろひがし at 16:04| Comment(0) | 働くなかま(教育モニターさん)の声

2016年02月05日

高校入試 NO.2

ポピー札幌東支部 支部長の鈴木章一です。


高校入試 NO.1では受験生の最後の心構えを書きました。

次は、ご家族の方の心構えを中心に書きます。

いよいよ受験が間近に迫ってきますと、本人はもとよりご家族、
ことにご両親が過敏といえるくらいこまかく気を使う方がいらっしゃいます。

お気持ちはわかりますが、受験生本人とっては、逆に重圧と感じることが多いものです。

家族の方は、できるだけさりげなく気をつかっていただきたいと思います。

静かに見守っているというスタンスがベターかなと思います。

ここまできますとご家族の方は受験生に対して、どうしてやることも
できないというのが本音でしょう。

本人のがんばりに託すということになります。
そういうなかでもご家族、ご両親がしなければならないことはつぎのようなことではないでしょうか。

1.健康への気配りです。
 特にインフルエンザやノロウィルスに対する注意です。
 うがい、手洗いの励行により、受験生本人もご家族の方も病気にかからないこと、ウィルスを家に持ち込まないことです。

2.食事の管理をする。
 受験生は、ストレスから食欲が落ちたり、腸炎をおこしやすくなっています。
 できるだけ胃腸に負担がかからず、栄養をとりやすい食べ物を用意するようにしてください。

3.経済的なこと
 このことは、ご両親の方しかできないことです。
 進学先に私立を選択される方も増えています。万全の対策をお願いします。


以上のようなことを少しお考えいただき、この時期しかない高校受験を
ご家族全員で楽しみながら乗り越えていただきたいと思います。


北海道・札幌での
幼児・小学・中学向け 家庭学習教材 月刊ポピーをお届けします。
【ポピー札幌東支部】http://popy-sapporo.jp/
WEBサイトから、資料請求・有料体験・入会お申し込みが可能です。
〒003-0876 札幌市白石区米里五条1丁目6-5
フリーダイヤル(北海道地区のみ):0120-772-115
posted by ポピーさっぽろひがし at 00:00| Comment(0) | 日記

2016年02月01日

リフォーム

ポピー札幌東支部 支部長の鈴木章一です。

昨年の9月半ばから11月初旬にかけて家のリフォームをしました。

その1年前には窓を中心にリフォームしました。

今回は、外壁と二階への階段と事務所の入り口を基礎工事からやり直してもらいました。


平成5年に建築された物件を3年前に購入しましたが、その時は予算がなくそのまま入居しました。


事務所入り口は、前の持ち主が完成したあと、入り口を増築したらしく
基礎がしばれ上がって戸がガタガタしていました。

前の家を処分したので、なんとかなりそうなので思い切りました。
事務所の入り口もすべて、私の持ち物ということで
会社の経費にはしてもらえませんでしたので
全て自腹です。

ちょうど天気があまり良くない時期にリフォームを行いましたので
業者の方は大変だったと思います。


リフォームが終わって自分の家をながめていると
これでやっと自分の家になったように感じました。
今まではどこか家を借りているようで、
しっくりこないところがあったのです。

真冬になり、去年より少し部屋の中が暖かいような気がしてとてもうれしく思いました。

ここが終のすみ家になるかどうかはわかりませんが
できるだけ長く過ごせたら良いと思います。



北海道・札幌での
幼児・小学・中学向け 家庭学習教材 月刊ポピーをお届けします。
【ポピー札幌東支部】http://popy-sapporo.jp/
WEBサイトから、資料請求・有料体験・入会お申し込みが可能です。
〒003-0876 札幌市白石区米里五条1丁目6-5
フリーダイヤル(北海道地区のみ):0120-772-115
posted by ポピーさっぽろひがし at 00:00| Comment(0) | 日記